全国約300の料理学校が加盟する 一般社団法人 全国料理学校協会

一般社団法人 全国料理学校協会

一般社団法人全国料理学校協会の成り立ち

全国料理学校協会は、昭和30年4月に会員校の振興と、国民の健康増進をはかることを目的として発足し、平成27年に60周年を迎えました。
全国料理技術検定協会は、料理技術の向上と普及を目的に、昭和49年8月に発足いたしました。この二つの協会が合併して、平成24年4月2日「一般社団法人全国料理学校協会」が成立いたしました。
全国300校の加盟校と共に、かけがえのない生命の源である「食」を守り、伝えてまいります。

  代表理事(会長)
  服部幸應


  学校法人服部学園理事長
  服部栄養専門学校校長
  医 学 博 士
代表理事(会長)服部幸應

「料理」と「食育」は、(一社)全国料理学校協会加盟校から



「教師資格認定」につきまして
本会は加盟校の料理教師の資質の向上をはかるため、昭和48年に
 「教師資格認定事業」を施行いたしました。
これまでに43,000人を超える先生方が「教師資格認定証」を取得
 され研鑽を積み、料理指導を充実させています。

「料理技術検定」につきまして
「教師資格認定」事業と同じく昭和48年から料理技術の向上を図るため
「料理技術検定」を進めてまいりました。
 これまでに取得された方々は、33万6千人を超えています。
「料理技術検定」の取得によって、健康増進とさらに豊かな食生活を営
 まれますよう願っております。